入院生活のご案内

  1. HOME
  2. 入院案内
  3. 入院生活のご案内

入院中のご注意

  • 入院治療上必要なことは医師、看護師が適宜ご説明いたします。
  • 治療、検査の都合で病室を移動していただくことがあります。あらかじめご了承下さい。
  • 他の方へ迷惑をかけたり、入院生活にご同意頂けない場合は退院していただくことがあります。
  • 外出、外泊は主治医の許可を得たうえで手続きが必要です。ご希望がある場合は看護師にご相談下さい。
  • 他の病室、診察室、ナースステーションに出入りすることはご遠慮下さい。
  • 携帯電話、PHSの使用は使用できる場所が決められているため、看護師にご相談下さい。
  • 敷地内は全館禁煙となっております。ご協力をお願いいたします。
  • 万が一、火災、地震等が起きた場合は速やかに職員の指示に従って下さい。
  • 貴重品、金銭の持ち込みは盗難防止のため必要最小限度にお願いいたします。紛失、盗難についての責任は負いかねますのであらかじめご承知下さい。
  • 備え付け以外の電気製品のご利用につきましては、ご利用前に病棟スタッフまでご連絡下さい。防災上の観点から、備え付け以外の器具使用はご遠慮いただいております。
  • 当院は院内売店がございませんので、飲み物に関しては自動販売機にてご購入下さい。

※安全管理のため、ハサミ・果物ナイフなどの鋭利な危険物は持ち込まないようにお願いいたします。

入院中の生活

検温

午前10時と午後7時に測定にお伺いしますのでベッドでお待ちください。(午前6時に前日の尿及び便の回数を伺います)

食事

ご入院中のお食事は、医師の食事箋により決められ、病院より給食させていただきますが、病状により変更する場合もございます。
お食事の時間は、朝8時、昼12時、夜18時となります。
当院では一般食・常食の方に限り週3回の選択メニューを実施しております。ご希望は入院後におたずねいたします。

病院食以外のお食事については、ご遠慮下さい。病状に影響のない程度の嗜好品を適量摂取することは差し支えありませんが、主治医または看護師にご連絡下さい。入院後、栄養士が訪問いたしますのでご不明な点はおたずね下さい。

回診

主治医により時間は異なりますので、あらかじめご了承下さい。
また、夜20時頃に当直医の訪室があります。お困りの事があれば、お声をおかけ下さい。
主治医による病状説明をご希望の方は、事前に看護師へお申し出下さい。

消灯

午後9時

入浴日

入浴は、病状によりご利用頂けない場合があります。医師の許可が必要になりますので、看護師におたずね下さい。
浴室は6階のみ下記時間内に解放しております。

6階入浴室ご利用時間 10時~12時、14時~20時

お手伝いの必要な方、車椅子をご利用の方には5階浴室をご利用いただきます。5階浴室をご利用される方は、担当看護師とご相談下さい。入浴できない方にはタオルを用意しておりますので、看護師へお申し出の上ご利用下さい。

電気器具

院内備え付け器具以外の使用はご遠慮下さい。

寝具

寝具類は、すべて病院にて用意いたします。

貴重品

貴重品は、なるべくお持ちにならないでお手回り品も最小限にして下さい。院内での盗難事故などの責任は、一切負いかねますのでご了承下さい。個室をご利用の患者様で室内の金庫をご利用される場合は、ご利用前に病棟スタッフまでご連絡下さい。

テレビ

テレビはテレビカード(¥1,000)を購入してご覧下さい(1枚当たり800分程度)。他の方のご迷惑にならないようイヤホン(315円)の利用にご協力下さい。券売機は5F談話室に設置しております。個室のテレビはカードの必要なくご覧いただけます。

洗濯

病院内での洗濯は、7Fコインランドリーをお使い下さい。現金の他、テレビカードもご利用頂けます。

冷蔵庫

病棟の冷蔵庫を使用される場合は、品物にお名前、日時を必ずご記入下さい。

電話

公衆電話をご利用下さい。5階談話コーナーに設置しております。テレフォンカード(1,000円/枚)をご希望の方は病棟スタッフまでお申し出下さい。個室をご利用の方はお部屋に備え付けの電話をご利用いただけます。個室からご利用いただきました通話料金は、入院費と併せて請求させていただきます。ご利用方法につきましては、お部屋に備え付けの説明書をご参照下さい。

お願い

職員へのお心付けは、一切ご遠慮申し上げます。当院は、患者様の病気について、十分な説明と治療に対する同意を頂くように努めております。他の医療機関でのセカンドオピ二オンを求める権利等、入院に際してわからないこと、相談したいこと、ご希望ご要望などがございましたら、医師、看護師または受付までお気軽にお申し出下さい。

また、入院に伴なって起きる可能性のある事態につきまして以下に記載いたします。入院の前に目をとおしてご注意くださるようお願いいたします。なお、万が一、このような事態が発生した場合、蓮田一心会病院は万全の対応をいたしますので、ご安心ください。場合によってはご了承いただいたうえで、ご家族のご協力をお願いすることもございます。その際は、ご協力のほどよろしくお願いいたします。

入院中の環境変化によって起こりやすい事柄

  • 入院による急激な環境の変化にともない、ご高齢の患者様には言動や行動に違和感を伴うことがあります。
  • 身体の違和感にともない、自ら点滴チューブ等をはずしてしまうことがあります。
  • ベッドで安静中、急に立ちあがり安定感を失い転倒してしまうことがあります。

このような状態にならないよう、医師・看護師ともに十分の注意を払います。また、その他、入院中にお困りのことがありましたら、ご遠慮なく病院スタッフにお申し出て下さい。当院では、皆様が安らぎを感じ、落ち着いて治療に専念できるよう努めてまいります。