薬剤科

患者さんにも職員にも信頼される薬剤師として

わたしたちは「信頼される薬剤師である」ことを胸に、患者さん一人ひとりに対し最も適切に薬剤が使われるよう、さまざまな業務を行っております。

患者さんにも職員にも信頼される薬剤師として

「病棟業務・調剤監査・薬品管理に力を入れています」

 当院では、すべての入院患者さんのベッドサイドに足を運び、患者さんの訴えを伺いながら個々にくすりの説明をします。そしてここで得た情報を、他の医療スタッフへフィードバックすることにより、医師共同の適切な薬物療法の実施や副作用の早期発見が可能となり、コンプライアンスや患者さんのQOL向上を図っています。また、患者さんが退院後も安全に決められたとおりにお薬を服用できるよう、薬剤師が退院時に患者さんやご家族に向けて説明を行っています。

病棟業務・調剤監査・薬品管理に力を入れています
病棟業務・調剤監査・薬品管理に力を入れています

「チーム医療に貢献」

 NST(栄養)やICT(感染)といった各種医療チームへの参加も積極的に行っており、薬剤師の知識と経験を活かし貢献しています。NSTでは点滴栄養量の処方設計や、患者さんのQOLを考慮した処方提案、ICTでは抗菌薬の適正使用に薬剤師が力を発揮しています。そのほか、褥瘡チームでは最適な軟膏の選択や使用方法への関わり、最近ではDCT(糖尿病)も結成され、インスリン製剤の情報提供などを通じて、薬剤師もチームの一員として活躍しています。
 また、それぞれの領域に他施設との合同セミナーが定期的に開催され、当院からも毎年参加しています。このセミナーから資格の取得に繋げることも可能で、当院にもNST専門療法士が在籍しています。
 規模が小さい薬剤科ですが、その分他の職種との距離が近く、チームで和気あいあいと患者さんのために毎日取り組んでいます。そんな横のつながりは院内にとどまらず、他のグループ病院の薬剤師との間でも強く、お互いに刺激を受けながら日々質の向上に励んでいます。

チーム医療に貢献