リハビリテーション科

  1. HOME
  2. 部門案内
  3. 診療協力部門
  4. リハビリテーション科

リハビリテーション科について

自立した生活の支援を目的に「一人ひとりに対応した、安全に生活できる効果的なサービスをご提供しています。当院では、人工透析が必要な患者さまを積極的に受け入れており、同時にリハビリテーションにも力を入れています。透析患者さまにとってリハビリテーションは体力的な負担が大きいですが、理学療法士・作業療法士をはじめとした多職種によるリハビリテーションカンファレンスを行い、個々の患者さまのゴールを定め「起きる・歩く・食べる」を中心にいち早くこれまでの生活に戻れるよう日々努めています。また、退院後にも外来透析と外来リハビリテーションにより継続的にフォローする体制を整えております。

患者様のゴール到達に向けてリハビリテーション科では動作面でのアプローチはもちろんですが、地域連携室とのやり取りを活発に行い近隣医療機関・施設との連携を深めて一人一人の患者様にとってより良い療養環境を提供しています。

また当院では近隣にお住まいでリハビリテーションを必要とされている方々のもとへセラピストが直接伺うことが可能です。また退院した後の通院が困難な方に対しては、入院時に生活環境を把握したセラピストがご自宅でできる最適なリハビリテーションを提供させていただきます。

リハビリテーション科について

当院で提供している治療内容

脳梗塞腎不全による廃用症候群脳出血大腿骨頸部骨折肩関節周囲炎

理学療法部門

主に運動療法を行っています。患者さまの動きを見て、その動きから日常生活に支障をきたしている原因を特定し、その原因を改善するために関節の運動、ストレッチ、筋力強化、歩行練習などを行っています。運動療法は患者さんになぜその運動が必要なのかを理学療法士より説明し、それを理解した上での患者さんの協力があってはじめてできるものです。お互い共通の目的を持って、楽しく運動療法を行っていきましょう。

理学療法部門

作業療法部門

日常生活に支障が生じた患者さまに対し、作業を通じて生活動作や再獲得を目指します。また、肩や手の痛みに対して関節運動やリラクゼーションを行い、痛みの緩和を図ります。

物理療法部門

マッサージ療法、温熱療法、電気刺激療法、牽引療法などを行い、血行の改善や神経・筋肉の緊張を緩和させ、患者さまが抱えている痛みを和らげることで、より楽に日常生活を送れるようにしています。

リハビリテーションスタッフ

スタッフ人数

PT(理学療法士) 3名
OT(作業療法士) 1名
マッサージ師(物理学療法・針治療) 1名
リハビリ助手 2名

2019年4月現在