シャント手術・PTA

  1. HOME
  2. 私たちについて
  3. 当院の特徴
  4. シャント手術・PTA

シャント手術について

当院では、透析導入や維持透析がスムーズに行えるよう、シャント手術を行なっています。

シャントは血液透析を行う際、充分な血液量を確保できるよう、動脈と静脈を体内または体外で直接つなぎ合わせた血管の事をいいます。シャント手術によって透析導入時や維持透析がスムーズとなり、術後も安心して透析治療に専念していただけます。また長期透析による閉塞や狭窄の早期発見や、シャント再建も行っております。医師、スタッフは患者様のシャントの状態を臨床症状や透析データから把握し、シャントトラブルを早期発見し、より長く使えるように努めています。

PTA(シャント血管拡張術)について

シャントトラブル治療として「経皮的シャント拡張術」を行っております。

シャント血管は、人工的に作成し長期間使用するため、血管内が細くなったり、詰まったりしてしまいます。充分な血液流量を確保し十分な透析をしていただくよう、血管を拡張したり、血管に詰まった血栓を取り除く手術を行います。

治療前
治療前
拡張中
拡張中
治療後
治療後

メリット

  • 再建が可能な血管が温存できます
  • 皮膚を切開せずに治療できるので、身体への負担が少なくなります
  • 比較的治療時間が短く、また治療直後から透析も可能です
  • 予防的インターベンションにより、手術になる回数を減らせます