外来案内

いつ禁煙始めるの? 今でしょ!!

禁煙の難しさに関して

喫煙者の皆様はたばこが体に悪いということは、何となくご理解されていると思います。しかし、ご自身だけではなくご家族の皆さまにも危険が及んでいたり、具体的にご自身にどのような害が及ぶかということに関して具体的にはご存じない方も多いのではないでしょうか。また、たばこなんて止めようと思えばいつでも止められるよ!と思っている方も多いのではないのでしょうか。しかし、WHO(世界保健機構)が出している資料によれば、ニコチン中毒の離脱の困難さはヘロインやコカインとほぼ同等となっており、なかなか止めるのが難しい薬物の一つとなっています。
また、実際に外来で患者様を拝見させていただいても、咳が止まらない!という主訴で来院されている患者様の中でも、たばこを止められていなかったり、喘息の方でたばこを吸うと息が苦しくなるのに、たばこを止められないという方がいらっしゃいます。一度吸い出すと分かっていても止められない、それがたばこの恐ろしさなのです。

たばこを吸うことによる健康被害に関して

たばこの害に関してですが、皆さまはたばこの害というと肺がんが真っ先に思い浮かんだり、最近ではTVのCMにてCOPD(慢性閉そく性肺疾患)のことをやっているのでこの事を思いつく方も多いかもしれません。しかし、たばこによって一番増えるがんというのが喉頭がんです。(最近有名人の方がおかかりになって手術をされました)考えてみれば当たり前ですね。たばこの煙を一番真直で受けるのは喉ですから。その他危険性が増える病気としては心筋梗塞、狭心症、脳卒中から意外なところとしては糖尿病まで、非常に多岐に渡ります。また、ご家族に対する害としては「俺はベランダで吸っているから大丈夫」だとか、「換気扇の下で吸っているから大丈夫」と思ってらっしゃるかもしれませんが、それはあまり有効な対策とは言えないのです。(禁煙外来にて詳しく説明いたします) また、たばこを吸うことによる単純な経済的な損失もあります。

禁煙外来

そういった色々な理由から禁煙をしたいな、と思われてもなかなか一人では禁煙をやり遂げる自信がない方は我々がお手伝いをさせていただきます。当院の禁煙外来ではまず、ご自身の体の状態を知っていただくために肺の色々な検査をさせていただきます。その後から禁煙を開始していきますが、禁煙を補助させていただくためにお薬を使用します。一つは飲み薬でもう一つは貼り薬です。(どちらか片方だけで両方一緒に使用することはできません)どちらのお薬にも長所と短所がありますので、初診時にご相談をさせていただいて、決定したいと思います。禁煙外来を受けられる資格があるのは

【禁煙外来を受けられる資格があるのは下記3項目】

  • 一日の喫煙本数×喫煙年数(ブリンクマンインデックスといいます)が200以上の方。
  • ニコチン依存症テストで5点以上の方。
  • 直ちに禁煙を始める意思があり禁煙治療を受けることを文章にて同意している。

※尚、2016年4月からブリンクマンインデックスが200以上という条件は35歳未満の方には適応されなくなりました。

では、喫煙者の皆様のご決断と禁煙外来受診をお待ちいたしております。

呼吸器内科医師  佐々木茂樹

  • 受診案内
  • 休診・代診案内

採用情報

看護師、看護補助者、薬剤師、臨床検査技師、病院事務を募集しています! 2016/04/01

  • 新棟増築工事のお知らせ
  • 禁煙外来
  • 睡眠時無呼吸症候群
  • 訪問看護のご案内
  • 訪問リハビリテーションのご案内
  • 特定健康診査のご案内
  • 院内広報誌
  • 蓮田一心会病院は埼玉県「多様な働き方実践企業」に認定

ページの先頭へ

蓮田一心会病院

〒349-0123 埼玉県蓮田市本町3-17 TEL.048-764-6411